« ダイエットの原理を理解して健康的に痩せましょう | 最新ダイエット理論ホームページ | お酢で疲労回復とダイエットの一石二鳥 »


燃焼系サプリメントによるダイエット理論

ここに紹介しているダイエットの原理を知れば、効果的に! 健康的に! 痩せられます。
知らないとせっかくの努力も半減してしまいます。
食事制限をしなくてもよいのです。今までダイエットに成功しなかった方は、この原理を是非参考にして下さい。

体は脂肪を蓄積する様にできてます。これは、我々人類が飢餓の時代を乗り越えてきたためです。
 蓄積される脂肪量 = 食物の摂取カロリー量 - カロリー消費量
この式が理解できていれば痩せられるはずです。
しかし、食事制限のことは理解していても、カロリー消費のことについて完全に理解していない人がおおいと思います。
今日の話のポイントは、カロリー消費の原理です。
今日は、食事制限無しのダイエットがテーマなので、上の式のカロリー消費量をいかに増やすかについて説明します。

まず、体のなかの脂肪燃焼の仕組みを説明します。
それは自動車のエンジンと似ています。食物は体の中に入り、糖と脂肪というガソリンに代謝されます。この糖と脂肪を燃やして、馬力(エネルギー)に変えるのが細胞の中のエンジン(ミトコンドリア)です。

エネルギーを作るのに必要なパーツ(ピストンやプラグ)のうち大切なのが、カルニチン、コエンザイムQ10、カルニチンです。これらは、サプリメントとして有名ですが、もともと体のなかにあるものです。
体のエンジンも3万km(30歳)くらいから、これらのパーツが消耗されてきて、エネルギー(ATPという物質)産生効率が悪くなるのです。
しかし、カルニチン、コエンザイムQ10、カルニチンはサプリメントで補うことができます。
カルニチン、コエンザイムQ10、カルニチンを補えば、エンジン(ミトコンドリア)は若返ることができるのです。
すばらしいです。人間は機械にない回復力を持っているのです。

さらに、カルニチン、コエンザイムQ10、カルニチンを摂って、糖や脂肪を燃やせば、脂肪が貯まらなくなります。

ここからがポイントです!
これから先の話は、あまり触れられていないですが、一番大切なポイントです。

実は、人間の体の中には、余った馬力(エネルギー)は貯めておく仕組みがあります。
せっかく、カルニチン、コエンザイムQ10、カルニチンで脂肪を燃やしても、余ったエネルギーはまた元のガソリン(脂肪)に戻ってしまうのです。
こうなっては、せっかくの努力も無駄です。

そうです。エネルギーは使わないといけないのです。人によっては、余ったエネルギーを熱に変えやすい人がいます。そういった人は食事の最中に汗をかくような人です。
しかし、大部分の人は、運動によってエネルギーを消費しないといけないのです。
どうでしょうか。当たり前のようなことですが、運動の重要性を再認識して頂けたと思います。

言い換えれば、カルニチン、コエンザイムQ10、カルニチンは運動の効果を高めてくれるすばらしいサプリなのです。これらのサプリを摂り、1日30分以上のウーキングをすれば、ダイエットできます。

今回は、カルニチン、コエンザイムQ10、カルニチンのダイエット面の効果のみ取り上げましたが、これらサプリには注目の「若返り」効果があります。中年から老人まで、効果が期待できます。ダイエットだけなら、他の健康食品でも期待できますが、この「若返り」効果は真似ができません。この効果は、これまでのサプリ(健康食品)にない画期的なものです。これについては、次回紹介いたしますので、お楽しみに!



投稿者 kou : 2006年03月14日 23:12



最新ダイエット理論のトップページへ




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/613

コメント




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



ダイエットにに関する話題は「最新ダイエット理論」 で見つけて下さい。