最新ダイエット理論ホームページ | ダイエットの原理を理解して健康的に痩せましょう »


自分の体を知って健康的にダイエット

 日本の20代の女性で、痩せる必要のない人の7割が「自分は肥っている。」と回答したという有名な調査結果があります。不必要かつやり過ぎのダイエットにはご注意をしたいものです。
 また、男性と女性では脂肪の付き方が違います。中年男性の場合は内臓脂肪が付き易く、女性は皮下脂肪が付き易いと言われています。内蔵脂肪は、アディポサイトカインと呼ばれるリスクファクターを分泌し、いろいろな病気(メタボリック症候群)の原因になります。一方、皮下脂肪はこのようなリスクファクターの分泌は少ない。また、女性は、女性ホルモンにより、血中脂質の上昇などが抑えられ動脈硬化などにもなり難いのです。

肥満の診断基準としてBMI; body mass indexというものがあります。
BMI=体重(kg)/身長(m)2 の式で計算し、この値がBMI25以上だと肥満と判定されます。但し、25以上でも病的要因がないと治療対象にはなりません。

また、最近では体脂肪率を家庭でも計れる様になりました。上記のBMIとともに体脂肪率も測定し、自分の肥満の状況についてよく理解しておくことを進めます。
同じ体重の人でも筋肉質の人は体脂肪が少なく健康で、筋肉の少ない人は体脂肪が多いのです。お相撲さんは、体脂肪率20%以下です。

体脂肪率の正常範囲は、以下の様になってます(東京慈恵会医科大学健康医学センター)。
女性 30歳未満 17-24% 30歳以上 20-27%
男性 30歳未満 14-20% 30歳以上 17-23%

まず、男性も女性も自分の体を知ってから、ダイエットをスタートして下さい。
必要以上のダイエットは、美容にも悪いし、リバウンドを誘発して将来太り易くなったりします。健康的に痩せたいものです。



投稿者 kou : 2006年03月14日 20:49



最新ダイエット理論のトップページへ




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/611

コメント




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



ダイエットにに関する話題は「最新ダイエット理論」 で見つけて下さい。